2012年10月29日

リンパ腫

あずきボンが闘った病気

        それは・・・・リンパ腫

悪性リンパ腫(リンパ肉腫)は、体の免疫を担うリンパ球ががん化する病気で、造血器系のがんの一種です。悪性リンパ腫は、解剖学的な位置から「多中心型」「縦壁型」「消化器型」「皮膚型」などに区分されます。これらのうち、犬の場合は「多中心型リンパ腫」が大半です。中高齢犬に多くみられますが、若齢でも発症します。

あずきボンは〜このタイプ

悪性リンパ腫は、体のどこのリンパががん化するかによって症状が異なります。
「多中心型リンパ腫」では、下あごや腋の下、股の内側、膝の裏など、体表のリンパ節が何か所も腫れるほか、元気が少しなくなる、食欲が少し低下するといった症状が見られることがあります。症状が進むにつれて、運動不耐性(運動をしたがらないこと)や食欲不振、嘔吐や下痢が見られるようになり、末期では痩せてきて、免疫力も低下し、肺炎や膀胱炎など、様々な感染症にかかりやすくなります。
悪性リンパ腫が発症する原因は解明されていません。



1209289.JPG
12.09.28撮影

    アタチ、頑張ったボンよパンチ



ニックネーム 水蓮 at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | あずき日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする